HOME > 活動報告 > 平成25年活動報告 > No.8

つくば市で県本部「新春の集い」を開催

 

石井啓一が代表を務める公明党茨城県本部は、2月3日(日)11時から、つくば市のホテルグランド東雲において「新春の集い」を開催しました。
  この集いには、山口那津男公明党代表、岡本三成・輿水恵一の両衆議院議員、今夏の参院選予定候補者の平木だいさく氏(全国比例)、矢倉かつお氏(埼玉選挙区)、党県本部所属の議員が出席、また、来賓として山口やちゑ茨城県副知事、県内選出の国会議員、県議会議員、市町村長、支持者など約600名の方に出席頂きました。 

            


  山口代表は先月の訪中に触れ、沖縄・尖閣諸島の領有権をめぐって日中両国に認識の違いはあるものの、「緊張を和らげ、両国の関係を共通の利益につながるよう改善しなければならない。」と強調。両国のリーダーが関係改善に意欲を示していることに言及し、「こういう機運が出てくると、経済に明るさが見えてくる。韓国、ロシアに対しても関係を強める努力をしていきたい。」と述べ、また、国民は政治の安定と政策の確実な実行を求めていると指摘。政治の基本は幅広い合意を形成することだとして、「この夏はそれをさらに強めることが重要だ。」と、参院選での公明党勝利を訴えました。
  また、岡本三成・輿水恵一の両衆議院議員、平木だいさく・矢倉かつお両参院選予定候補が、それぞれ挨拶をしました。
  その後、来賓を代表して山口やちゑ県副知事、丹羽雄哉衆議院議員、白田信夫県議会議長より、それぞれ祝辞を頂き、市原健一つくば市長の発声で乾杯を行いました。
  石井啓一は、NHK「日曜討論」出演後会場に駆け付け、中締めの挨拶で、昨年末に行われた衆院選での支援に対し御礼を述べた上で、夏の参院選での公明党への支援を呼び掛けました。


 

 ←平成25年度の活動報告に戻るHOME

  

Copyright (c) 2005 Keiichi Ishii Office. All Rights Reserved.