TOPページ > ご挨拶

「実感できる景気回復」  の実現を


  

  残暑の候、皆様には如何お過ごしでしょうか。
この度の参院選挙において、公明党は、選挙区では埼玉の矢倉かつお候補をはじめ4選挙区全員当選、比例区では平木だいさく候補をはじめ7名当選し、完全勝利させて頂きました。皆様の真心からのご支援に心から御礼申し上げます。
 参院選挙では、二つの争点を訴えました。一つは、自公連立政権の経済政策を着実に進め、全国各地域や中小企業に速やかに経済再生の効果を波及させること、雇用の拡大と賃金上昇を通じて「実感できる景気回復」を実現することです。
 もう一つは、自公両党で参院でも過半数を確保し、衆参ねじれ状態を解消して、安定した政治を取り戻すことです。さらに、地域に根差して小さな声に耳を傾け、地方議員と国会議員のネットワークを生かして実現に努める公明党、「平和の党」公明党が政権にいることで、真の意味で「政治が安定する」と訴えてきました。
 この度の参院選の自公大勝の結果は、経済再生への期待とともに、政治の安定を求める有権者の意思が示されたものと受け止めています。
また、政権内でのカジ取り役としての公明党の役割が重くなったと自覚しています。公明党の持ち味を発揮して国民の皆様のご期待に応えられるよう全力で働いてまいります。
 当面の政策課題は山積しています。9月には、来年4月からの消費税率引き上げを予定通りに行うかどうかの最終判断を政府が行います。社会保障については、8月6日の国民会議の報告書を基として、社会保障制度改革の工程を定めた法案をまとめる予定です。TPPについては、次回会合の8月22日までには、交渉参加各国が関税の撤廃の案を提案することが求められています。また、年末に向けて、防衛計画の大綱の見直しが進められます。国民目線に立って、様々な政策課題に取り組んでまいります。
 結びに、重ねて皆様のご支援に心から御礼申し上げますとともに、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。

           平成25年8月  衆議院議員 
石 井 啓 一

    

  

Copyright (c) 2005 Keiichi Ishii Office. All Rights Reserved.