介護総点検運動の街頭アンケートを実施
                           
  石井啓一が代表を務める公明党茨城県本部は11月15日、日立市内の5カ所で介護総点検運動の一環である街頭アンケートを実施しました。
  これには石井啓一をはじめ、日立市議団が参加しました。

    

  石井啓一は、公明党の地方議員が介護現場の深刻な実態を総点検する運動を全国でスタートさせたことを紹介。「アンケートを通して多くの生の声をお聞きし、介護難民や介護従事者不足等の課題解決、介護政策の改革の実現に向け取り組んでいく。」と訴え、自らアンケート用紙を手に、行き交う市民から介護問題に関する意見をお聞きしました。

←平成21年度の活動報告に戻る