日立市で女性フォーラムを開催
 
 5月16日(土)午後、日立シビックセンターマーブルホールにおいて、県本部女性局(田村佳子女性局長・県議)が主催する女性フォーラムが、来賓として、樫村千秋日立市長・石田奈緒子北茨城市副市長他を迎え、約300名の方にご参加頂き開催されました。
 県本部からは、代表である石井啓一をはじめ、井手義弘幹事長(県議)、田村佳子女性局長(県議)の他、県本部第2総支部内の各議員が出席しました。

    
 
 樫村日立市長より来賓を代表して挨拶を頂いたのに続き、県保健福祉部保健予防課海老原一彦課長補佐より、「女性の健康について」と題して、茨城県でのがん対策について講演をして頂きました。
 続いて田村女性局長は、公明党の女性政策について、結党以来の歴史を振り返りながら、その取り組みと実績を紹介しました。


                          
 石井啓一は、難病の追加指定や、エコポイント制度、教育費の負担軽減等、新たな経済対策である平成21年度補正予算に含まれる施策について説明し、「公明党はあくまでも国民の生活を守るため、日本の将来を切り開くために、全力で戦っていく。」と訴え、9月までには必ず行われる衆議院選挙での支援を呼びかけました。




 

←平成21年度の活動報告に戻る