イオン水戸内原ショッピングセンターを視察
 11月7日午後、公明党茨城県本部代表を務める石井啓一は、今週に開店(9日プレオープン、11日グランドオープン)を控え急ピッチで準備を進める、イオン水戸内原ショッピングセンターを視察、イオンモール椛蜿齔ウ信・開設委員長にご案内いただきました。党茨城県本部の、鈴木孝治(県議)、井手義弘(県議)、加藤光子(水戸市議)が同行しました。
 8年前から出店計画し建設費は約120億円とのことです。核店舗としてジャスコ水戸内原店、専門店舗180店が入り北関東最大の商業施設となります。50号国道水戸バイパス沿いに位置し、常磐高速道・水戸インターチェンジから約5分、JR常磐線・内原駅より徒歩10分。集客目標を、平日2.5万人・休日7万人、年間売上目標を280億円としています。
 茨城県内は近年大型店舗の進出が相次いでいます。反面、主要都市の中心市街地の衰退は進んでおり、今後のまちづくりの課題です。
【施設概要】
 ・敷地面積:125,992平方メートル
 ・建築面積:43,788平方メートル
 ・建物延床面積:151,688平方メートル
 ・商業施設面積:71,710平方メートル
 ・駐車場約4,000台
 ・駐輪台数400台 

←平成17年度の活動報告に戻る